« アカショウビン を 探して IN JUUNIKO SHIRAKAMISANNTI AOMORI | トップページ

2018年9月11日 (火)

ヌーの川渡り を 探して IN KENYA

KENYA に ヌーの川渡り を 探しに 行って来ました

ナイロビ から 車で 6時間ほどかけて やっと マラ川に近い テント式ロッジ 

アシュニル マラ キャンプ(マサイマラ国立保護区) に 着きました

車 三台に 分乗して 12人で 向かいました

私たちが 乗った サファリカー が 最後を 走っていたのですが 道に迷ってしまい

随分 遅れてしまいました

Dsc00905

キリンも いらっしゃい って いってくれました

四時から 一回目の サファリ ですので 急いで支度をして 出発です

本日を 入れて ここに 五連泊 します

Dsc00940

乾季 ですが 曇り空でした

Dsc01065


Dsc01071

小象 が ムシャムシャ 一生懸命 食べていました

Dsc00113


Dsc00139_2

昼間は 大体 横になって 寝ています


Dsc00171

上の空いている処から 撮影します

何かいたら 靴はすでに脱いであるので 横に置いてある カメラを サッと 持って

座席の上に 立ち上がって 撮影します

1 2 秒 を争うので 結構 大変です


Dsc00181


一回目の サファリは 何もなく 終わりました。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

二回目 ~  五回目 は 終日 の サファリです (朝7時30分 ~ 夕方6時)

   画像は 撮った 順番 に UP していきます

Dsc00255

ゾウ の 親子も よく見かけます


Dsc00467

バッファロー

オカバンゴデルタ では 一度も 見られなかったのが

こちらでは あちこちで よく 見かけられました


Dsc00529

カバ の 向こうの崖が 対岸 です


Dsc00517

その上には ヌ~が ちらほら 見えています


Dsc00665

対岸です


Dsc00831

カバが 喧嘩 ? じゃれあって ? います

Dsc00155

至る所で ナイルワニが ヌー を 待ち構えています

Dsc00539


Dsc00581

Dsc00949_2

陸上に上がった カバです

陸上に上がっている処は 以外に すくないです

Dsc01004


Dsc01018

ハゲワシ です 意外 と 多くいます

Dsc01057

ライオン 2頭 が 木陰で 休んでいました

Dsc01114

ライオン 家族 です

Dsc01164


Dsc01283

オスライオン は 大体 一頭でいます

Dsc01294

ハゲワシ です  何十羽 と 居ました

Dsc01409

世界最小 の 鹿 です  目撃しのは 一回だけです

Dsc01470

シマウマは 至る所に います もう 撮りたくない と 思って居ても

いる度に 車が 止まるので 自然と シマウマの 画像が 多くなってしまいました

Dsc01546

Dsc01729

キリンも 至る所にいて そのたびに 止まるもんですから

キリンの 画像だらけです

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Rhino (犀)

Dsc01779

憧れの Rhino (犀) です

前の処では 全く 駄目だったので 良かったです

アフリカビッグファイブ 制覇 する事が出来ました

見た時の 一発目の 写真です

車も 走っていて サイも走って 居るので ピントが甘いです

Dsc01810

少し落ち着いてから です

これを逃したら 二度と撮れないと思って もう 大騒ぎです

犀の前方には 背の高いブッシュが 有りました

案の定 そこに入ってしまいました

一度 入ってしまうと 中々 出てこないそうです

その先には 像たちがいました

Dsc01814

ぞうの 左 の方が ブッシュ です かなり広いです

ブッシュに サイ が 入ってしまったので もう駄目かな と

ゾウを のんびり撮っていたら ヒョコっと 犀が 出て来ていました

Dsc01830

又 大騒ぎです

Dsc01874


Dsc01888

ゾウ と サイ が にらみ合っていますDsc01892

Dsc01894


多勢に無勢

何事も無く 別れました

ゾウ と サイ が 一緒にいるところは 珍しいそうです

Dsc01915

暫く一緒にいました(200ミリ 望遠)


Dsc01933

700ミリ望遠


Dsc01909

1400 ~ 1600ミリ 望遠


チョット 比較してみました

Dsc02038

サイは あっちに行ったり こっちに来たり かなり長い間 ゾウ と一緒に 居ました

Dsc02188


この後 サイ の動画など 撮って サイの 撮影を 終了しました

サイは 向こうの 林の中に 消えていきました

サイの 目撃は この時だけでした sign03 sign03 sign03

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc02662

仲良し シマウマ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Lilac-Breasted Roller  ライラックニシブッポウソウ

Dsc02799

Dsc02832

Dsc03204

Dsc03220

胸の ライラック色が 超キレイ


オカバンゴデルタでは あまり 撮れなかったのが 今回は 何度も何度も

タップリ 気のすむまま 撮る事が出来ました


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


Dsc03305

Dsc03323

Dsc03354

Dsc03418


Dsc03420


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc03488

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ヒメハチクイ(姫蜂食) Little Bee-eater 

Dsc03638


Dsc03668


Dsc03700


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc03718


対岸 です

何か 渡りそうな 雰囲気 が漂って きました

こういう時は こちら側で 渡ってくれるのを 辛抱強く待って居ます

Dsc03720


Dsc03724


渡って 良いのか 先発隊が 様子を 見に来ています

この時 GOサインが 出れば 続々と渡ってくれるのですが

残念ながら この時は 駄目でした

Dsc03730

手前の車は こちら側 です


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

AFRICAN HAWK EAGLE  モモジロクマタカ

Dsc03731_2

さすが 空の王者

超ウツクシイ   でもまだ 子供です 

Dsc03751

Dsc03794


Dsc03808


反対側に回って


Dsc03827


Dsc03828


Dsc03855

目撃 出来たのは 一回だけでした

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc03955


ゾウが 崖の下まで来て 何か 調べています


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc01437

Dsc00041

何事も無く 一日が 終わってしまいました

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc01454

朝3時 起床 4時 バルーン に 乗るために出発です 

Dsc01468


Dsc01480


Dsc01520


出発です

Dsc01500


Dsc01524

Dsc01534

Dsc00071

Dsc00098

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

バルーン も 終わって 又 いろいろと 撮影開始です

Dsc00139


レオパード が 見つかりました

でも ドライバーが 後ろにばかり ついて行くので ずーーっと 

後姿だけになってしまいました 他の車は 前に回っているのに 

非常に 残念でした

暫く見えなくなったので 駄目かな と 思って居たら

全く 違うところに出たので 又 大騒ぎです

Dsc00144


Dsc00149


前に 回るように 強く言ったのですが 

レオパードの スピードには ついて行けませんでした

レオパードの 目撃は 此処が 最後になりました

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Cheetah  チーター

チーターが見つかったとの 連絡が 入ったので 急遽 向かいました

Dsc00155_2


ブッシュが 広がっており 木陰に やすんでいました

全部で 三~五 頭程 いるらしいです

Dsc00235

Dsc00269

動きが無く 30分位は 同じ状態が 続いたような気がします

Dsc00279

やっと 動いてくれました

だらけていた 気分が サッと 緊張しました

Dsc00283

Dsc00302


立ち上がったなと思ったら ブッシュの中に入って行ってしまいました

他のチーターを 探しに 場所を少し 移動しました

Dsc00317

居ました  座って居ます

見つけるのは かなり難しいです

Dsc00356

こちらも 立ち上がったなと思ったら ブッシュの中に入って行ってしまいました

こうして 此処での撮影 終了しました

チーターの目撃は 此処を最後に 他では 有りませんでした

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Lilac-Breasted Roller  ライラックニシブッポウソウ

Dsc00389_2


Dsc00394_2


Dsc00442

キレイすぎちゃって うっとりしちゃう 

     見つけると 又 撮っちゃいます

3枚目は 胸の ライラック色が(薄紫色) 非常に 綺麗に 見えます

     (淡く透き通るような印象の紫をライラック色と呼んでいます)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc00541


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

シマウマの 川渡り

Dsc00545


シマウマが 10頭程 集まっていたので ひょっとして と 思って居たら

渡り始めました

この時も ドライバーに 良い所に 行くように 何度も言ったけど

結局 辛うじて 木と木の 間から 何とか 撮れました

  (いろいろ 要望言う時は 全部日本語なので 通じてないかもしれないです)

Dsc00549


Dsc00565


Dsc00575


Dsc00581


Dsc00587


Dsc00589


Dsc00608


10頭程だったので あっという間に 終わってしまいました


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ゾウの 川渡り

Dsc00653


Dsc00667


向こう岸に ゾウ の 集団が 列を作って 歩いています

Dsc00681

崖の下まで 来ちゃいました

Dsc00694


Dsc00720

この時は 何とも思わず ゾウの集団の写真は あまり撮った事が

無かったので 夢中で 撮っていました

Dsc00725_2


そしたら あれっ あれっ と 思ってる間に 渡り始めました 

手前には カバがいたし ワニもいるのに 大丈夫かなー と 心配になってしまいました

Dsc00745


Dsc00763

水流が 強くって 下流に流されそうです

Dsc00777


何とか 体勢を立て直して 前に 進んで行きました

小象が 居たので どうなっちゃうのか ヒヤヒヤ しました

Dsc00789

どうやら 全員 無事に 渡りきることが 出来た模様です

渡った後 砂をかぶっています

Dsc00797_2

渡った後 崖の上に上がって もう 食事をしています

ゾウの渡りの シーンは 殆ど 動画で 撮っちゃいました 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Woodland kingfisher  セネガルショウビン

Dsc01215

Dsc01226


Dsc01228


  
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アフリカの 天の川 です  (フィッシュアイレンズ 対角線魚眼レンズ)

Dsc02180_2_2

Dsc02162_3


天の川 の 上に 一際 明るく輝く 星は 金星 です


こうして ケニアでの 撮影 全て 終了 しました


残念ながら ヌーの川渡り の写真は 撮る事が出来ませんでした


天候不順で 雨が多かったらしくって 草が育ってしまって

ヌー が わざわざ 場所を 移動しなかったらしいいです

天候のせいでは 文句も言えないです

此の儘 負けっぱなしになるわけには 行かないので

いつか又 必ず リベンジ しなくっちゃ happy01 happy01 happy01


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フォトギャラリー

Dsc00598

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc00339


ヌーの 顎の 首筋の毛並みが キラキラ 輝いて すごく綺麗 です


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc01806


国境線がある草原に 子供たちが 遠足に来ました

左の方の コンクリート が 国境点です

Dsc01759


Dsc01761


Dsc01832

Dsc01846


Dsc01867

Dsc01901


許可を頂いて 記念撮影をしました

ブルーの 制服が 鮮やかです

Dsc01914


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

キリン達も 名残惜しいです

Dsc01951


キリン って 本当に 優雅で 幻想的で 大好きです

Dsc02012

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


Dsc02096

ヌー達は 来年まで 元気でいてください

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dsc01279

white-backed vulture  コシジロハゲワシ の 凛々しい お姿

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ツキノワテリムク(月輪照椋) Superb Starling

Dsc01305


Dsc01325

後ろから見ると メタリックブルー が 本当に キレイ


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

背黒ジャッカル

Dsc00353

Dsc00386

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カバ(Hippopotamus amphibius)

早朝 なので 陸上に 上がっています

Dsc01229

Dsc01232


Dsc01243


Dsc01253

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆  

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*


星空の 写真は 最後の夜でした

それまでは 曇っていて 星は見えなかったのですが

最後の夜に 満天の星空に なってくれました

百分の一 位は 良い事が 有りました


        


         

UP した画像は 全て ノートリミングです

 

 

« アカショウビン を 探して IN JUUNIKO SHIRAKAMISANNTI AOMORI | トップページ

風景写真 幻想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95731/67158235

この記事へのトラックバック一覧です: ヌーの川渡り を 探して IN KENYA:

« アカショウビン を 探して IN JUUNIKO SHIRAKAMISANNTI AOMORI | トップページ